いい姿勢で寝るための「寝具の条件」☆

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

20160927-1_7429

朝晩冷えてきて、朝起きるのが辛くなってきましたね(´・ω・`)

うちの2歳の娘も、なかなか布団から出てこなくって、困っています(´・ω・`)

その気持ちはすご~く分かるんですけどね…(*´ω`*)

皆さんはどんな寝具をお使いでしょう??ベッド派、布団派??

質の良い睡眠には、いい姿勢で眠るための寝具の条件があるのを知っていますか?

寝付くまではいい姿勢を保つことができて、しかも寝返りがうちやすいことが大切なんです☆

やわらかすぎる寝具では、背骨が床に落ち込むように曲がってしまい、S字カーブがなくなってしまいます。

身を投げ出した瞬間は包みこまれるような幸せな気分になれるかもしれませんが、神経の通り道としての背骨が十分な機能を発揮できないばかりでなく、腰や背中の痛みや肩こりの原因になりかねません。さらに、腰や背中が埋もれてしまうと寝返りもうちづらくなってしまいます。

質の高い睡眠を得るためには、体が沈みこまないだけの硬さのある寝具を選ぶ必要があります。

それくらい硬い寝具なら、寝返りもうちやすいものです。

枕の高さにも気を配りましょう。

高すぎる枕は、ストレートネックの原因になります。できれば首のわん曲にフィットする枕を選びましょう☆

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s