女性はもともと冷えやすい体質??冷え性と低体温

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

骨盤がずれている時の症状

女性の多くは冷えに悩まされています。最近では「冷え性」のみならず、「低体温」に悩む人も増えているようです。

冷え性と低体温は同じ症状だと思っている方が多いようですが、違います。

どちらも生活習慣が引き起こしているケースが多いという点では共通していますが、実はその症状は異なります。

簡単に言えば、「冷え性」は体の末端の自覚症状が主。「低体温」は体の中枢が冷えている状態のことをいいます。

冷え性は暑さ寒さに関係なく、冷えを感じてる自覚症状。真夏でも厚手の靴下が欠かせない、携帯カイロを手放せないという場合です。しかし、実際の体温を測ってみると36℃以上はあるといった場合がほとんど。これは、体温計は体の深部の温度を測っているためです。冷え性の人が感じる手足などの末端のパーツの冷えは、さまざまな原因から血流が悪くなることが原因です。

低体温は体の深部体温が低い状態。本来37℃くらいあるはずの深部体温が、35℃以下の状態です。低体温の原因は二つあり、一つは物理的に熱が奪われた時、もう一つは甲状腺の機能低下などによる病的な理由です。体の臓器が冷えていることに起因する低体温の人は、自力では体温を上げにくいので、体を温める工夫をして、体温を上昇させる必要があります。

冷え性と低体温、どちらの症状も見られる人もいます。鍼灸治療は、このようなお悩みの方にとても効果的です。血行促進、筋肉もほぐれてからだもポカポカに☆どうぞお気軽にご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1