卵巣と子宮は、冷えの影響を受けやすい??

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です

骨盤がずれている時の症状

女性の下半身は、冷えの影響をストレートに受けやすい器官です。

身体が冷えを感知し全身の血流が悪くなった場合、生命の維持からみて、優先順位の低い子宮や卵巣には、血液の循環が行き届かなくなるからです。

冷えが生じ、血流が悪くなると生理痛をはじめ、卵巣機能不全、無排卵周期、不正出血などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

「女性は体を冷やしてはいけない」とよく言われますが、これは女性特有の機能を低下させるからです。

このように冷えは血流の循環を妨げ、生殖機能のトラブルの要因となっていしまいます。

血液は酸素や二酸化炭素だけでなく、栄養素やホルモンなどを運び、これらが体全体に行き渡らなければ、内臓機能の機能低下を招きます。

女性ホルモンも血液によって運ばれるので、血流が悪くなれば結果、卵巣や子宮の働きの低下も招いてしまうことにもつながります。

逆に言えば、体を温めることでさらに健康に近づき、身体全体の血液循環がよくなり、卵巣や子宮への血液の量が増えるというわけです。

余談ですが、低体温はダイエットにも大きく関わっていて、低体温のままだと新陳代謝が悪く、死亡が燃焼しにくくなってしまうため、「太りやすくやせにくい」という望まぬ体質になってしまいます。万年「冷え性」は、やせたくてもやせられない体になってしまうことを覚えておきましょう(/_;)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡 323-1