体のゆるみはいつ戻るの??

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

85-202

赤ちゃんが産道を通りやすくなるように、妊娠中から出産後に、骨盤周辺のじん帯をゆるめる働きをする「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。

産後の体は全体的にゆるんでいますが、とくに骨盤の結合がゆるんでいるため、腰痛や肩こりなどの体の不調が現れる人もいます。

産後数日でリラキシンの分泌は低下していき、3か月くらいたつと、出産前の女性ホルモンのバランスになります。そのころになると赤ちゃんとの生活にも慣れ、積極的に体を動かせるようになります。

「産後はいつまでに元の体形に戻らないといけない」という思いにとらわれるよりも、「今自分のからだはどんな状態になっているか」を感じることの方が大切です。

無理なダイエットをするよりは、からだのゆがみを整えて、健康的に、元の体重や快適な体重にもどることを第一に考えましょう☆無理のない程度にエクササイズをしたりして、少しずつ産後のボディケアを行ってください(^-^)

 

☆姿勢エクササイズ☆

授乳や抱っこなどで猫背になりがちに…。意識的に背筋を伸ばし、胸を開きましょう。肩こり、頭痛の予防や、母乳分泌を促します。

≪授乳の時≫

壁に肩甲骨、仙骨(背骨の下でお尻の割れ目のはじまり辺り)をつけて、あぐらをかいて座りながら授乳。目線は赤ちゃんに向けましょう☆

≪歯磨きの時≫

後頭部、肩甲骨、仙骨、かかとを壁につけます。腰と壁の間は手のひら一つ分くらいの隙間になるように。歯磨きの時や空き時間に行ってください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1