肩こり解消には、食生活の見直しも大切です☆

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-014

肩こりを遠ざけるためには、何を食べたらいいでしょう??

肩こりの原因の一つは、肩周辺の血行障害です。血行をよくする食品は肩こり予防に効果的ですよ☆

血行をよくする栄養素といえば、ビタミンEです。アーモンドやくるみなどのナッツ類、アボカド、カボチャなどに豊富に含まれています。また、青魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)も、血行を促進する作用があります。血行がよくないと感じたら、これらの食品を意識的に摂るようにしましょう。

そして、血行障害により排出されにくくなる老廃物の一種、「乳酸」はクエン酸により排出が促されます。クエン酸は、梅干しやレモン、グレープフルーツなどから摂ることができます。

一方、肩の筋肉自体を丈夫に保つことも大切です。筋肉を作るのは、たんぱく質です。しかし、筋肉を増強しスムーズに動かすためには、カルシウム、カリウム、マグネシウムといったミネラルの働きが重要です。

カルシウムは、骨を作るだけでなく、筋肉や神経の働きを助ける役割があります。

カリウムは筋肉の収縮を助けるミネラルで、バナナやメロンといった果実類、いもや野菜類に多く含まれます。

筋肉は主に肉や魚からつくられますが、野菜や果物に含まれるミネラルがなければ十分な働きを得られません。ですから、いろいろな食品からバランスよく栄養を摂ることが大切です。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1