キレイに座れば腰の負担も激減!

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

骨盤の役割

二足歩行で歩く人間の腰には、予想以上に圧力がかかっています。ある調査結果によれば、一般的に、寝ている時で25kg、立っている時で100kg、座っている時でなんと130kgもの圧力がかかっているとか((+_+))座る姿勢一つで、骨盤と背骨への負担が大きく変わります!

【椅子に座る時は、腰、ヒザ、足首を90度に】

腰の負担が少なく、はた目にもきれいに見えるのは、上半身ともも、ひざ、足首の角度が90度になるような座り方です。背もたれがある椅子なら、お尻をぴったりとつける習慣をつけましょう。長時間座る場合は、これらの角度が保てる高さの椅子が理想です。

【ストップ!こんな座り方】

①足を組む…脚を組む癖のある人は、すでに骨盤や背骨がゆがんでいる可能性が大。とくに同じ足ばかり組んだり、足を組んで足首をからませるのは、わざわざ骨盤をゆがませているようなもの。すぐにやめましょう。椅子に深く腰掛けたり、背筋をピンと伸ばすと足を組みにくくなります。

②浅く座る…椅子に浅く座り、腰を落としたり、足を開いて投げ出す姿勢をとる人は、骨盤が下がっているか開いていて、腹筋が弱っています。この座り方を続けていると、骨盤のゆがみを助長するだけでなく、おなかまわりに脂肪がつきやすくなり、下半身太りの原因に。

きれいに座れば見た目も美しく、骨盤にとっても◎です☆

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1