「安眠のポーズ」でリラックス&ゆがみ解消☆

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

85-003

人が一番リラックスできる姿勢は、あおむけです。

体全体が解放され、どこも緊張していない状態で眠ると、ゆがみやズレ、疲労を解消することができます。

一日の約3分の1を占める睡眠時間。寝る姿勢にも意識を向けて、スッキリと心地よい朝を迎えましょう☆

【安眠のポーズ】は一番楽な姿勢

足を腰幅くらいに広げ、手のひらを上に向ける「安眠のポーズ」は体に力のかからない最も自然な寝姿。快適な姿勢をとると筋肉が弛緩し、心身の緊張をほぐしてくれるので、一日の疲れや筋肉のこり、ゆがみをリセットする効果があります。枕の高さは、頭を乗せたときにおでことあごが平行になるくらいが目安。枕が高すぎると首が不自然に曲がり、首・肩・腰の血行を悪くします。

 

☆ストップこんな寝方‼☆

①片方の首を緊張させるひじ枕

ひじ枕は、手をあてた側の首や肩の筋肉を緊張させ、コリを誘発します。さらに、下になっている側の腰に重力が集中し、骨盤をゆがませる原因になります

②横寝癖は骨盤のゆがみも原因

あおむけで寝てもつい横向きになる癖のある人は、骨盤のゆがみがある可能性が大。このような場合、下にしやすい側の骨盤の腰の下にタオルをたたんで敷いて、あおむけに寝てみましょう。そのままの姿勢をキープしやすくなります。

③うつぶせ寝は腰に負担をかける

長い時間うつ伏せの状態でいると、背中が大きく反り返り、腰に負担がかかります。さらに腰をどちらか片方に向けることになるので、頸椎のゆがみの原因にもなります。

 

寝る前に腹式呼吸を行うと、気持ちよく眠りに入れます☆お試しくださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1