「骨盤」「背骨」がゆがむと、心身の機能もアンバランスに??

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

骨盤がずれている時の症状

ゆがみがからだに及ぼす影響で、まっさきに思い浮かべるのが腰痛や肩こり。

今や日本人の4割が腰痛を、6割が肩こりを抱えているともいわれています。

そもそも慢性的な腰痛や肩こりは、腰や肩周辺の筋肉が過度に緊張して血流が悪くなり、腰椎や頸椎をしっかり支えることができなくなって、痛みや肩こりとなって表れた状態です。

それが慢性化すると、筋力が弱まってゆがみのもとをつくります。

ゆがみが及ぶす影響は痛みや肩こりだけにとどまりません。ゆがみによって滞った血流は、その周辺の内臓の働きも悪くします。

たとえば骨盤がゆがめば骨盤周辺にある子宮、胃腸、肝臓、腎臓などの正常な働きが阻害され、生理不順、便秘、胃腸障害、肌荒れ、むくみといった不調が出やすくなります。部分的な血流の悪さで体全体の血流もスムーズにいかなくなるため、冷え性や慢性疲労なども引き起こします。

また、からだが思うようにいかなくなると、明るく前向きな気持ちは持ちにくくなるもの…。

姿勢もうつむきがちになり、背中が丸くなってゆがみを助長。心臓や肺などの働きを悪くさせ、心身ともに不調という最悪な状況に陥る可能性もあります。

ゆがみくらいで…と思うかもしれませんが、ゆがみは日々の積み重ねによって引き起こされます。ちりも積もれば山となり、さまざまな不調につながります。

からだの歪み、骨盤のゆがみでお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡 323-1