脳がコントロールする??女性ホルモン☆

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

85-003

女性の体の中で、大きな役割を果たしている女性ホルモンですが、みなさんは女性ホルモンがどのうように分泌されているかご存知ですか?

女性ホルモンを分泌しているのは、卵巣です、

これども、卵巣が勝手に女性ホルモンを分泌しているわけではありません。

分泌するための司令塔となっているのは、脳の「視床下部」というところです。

そして視床下部から指令を受けて実行に移すのは、視床下部の下にある「下垂体」です。下垂体が分泌する「性腺刺激ホルモン」の命令で、卵巣は女性ホルモンを分泌します。

 

脳の視床下部は、血中のホルモン濃度が常に一定に保たれているかをチェックしています。そしてホルモンの分泌濃度が少しでも低くなると増やすように、反対に分泌濃度が高くなると下垂体にホルモン分泌を刺激するホルモンを控えさせて、ホルモンが適切な量になるようにコントロールしています。

視床下部はホルモンだけではなく、自律神経や免疫機能もコントロールしています。

したがって、ホルモンのバランスの調節がスムーズにいかないと、それに引きずられるように自律神経も乱れ、免疫機能も低下し、さらに感情も不安定になります。

また視床下部はとてもデリケートな器官ですから、精神的なストレスや無理なダイエットなどの肉体的なストレスがかかると、たちまち機能を乱しています。その結果、ホルモン系にも影響が及んで、月経不順や排卵障害などが起こります。

卵巣機能を元気に保つためには、ストレスに対するケアも大事なポイントなのです。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

石市魚住町西岡323-1