片方の靴のかかとだけすり減る…「骨盤のゆがみ」が原因です(+o+)

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

85-202

人間は毎日ゆがむ…というのを聞いたことがありますか( ˘ω˘ )?

 

骨盤や背骨がゆがむと、もちろんハリやコリといった症状が出てきます。

 

このような痛みが出る前に、身体のゆがみを自覚することはできないのでしょうか??

 

たとえば、みなさんが普段履いている靴のかかとを見てください。片方のかかとだけ大きくすり減っていたら、足の左右の長さが違う状態です…

 

足の長さが変わる(+o+)?足そのものが短くなることは基本的にはありません。

 

実際には、骨盤が傾いた結果、腰から足底までの距離が短くなり、左右の骨盤の高さが変わって、それに引っ張られる形で左右の足の長さが違って見えるだけなんです!!

 

要するに、片方だけかかとがすり減る原因は“骨盤がゆがんでいる”ということです( ;∀;)

 

骨盤のゆがみは、腰痛・肩の痛み・頭痛などの症状を引き起こし、体調不良の原因にもなります。

 

靴のかかとのすり減りに気づいたら、そのまま放っておくのではなく、骨盤矯正されることをおすすめします(*^_^*)

 

当院ではキッズルームはもちろんのこと、保育士が常駐する託児ルームにお子様を預けて、安心して施術を受けられます。ぜひお越しください♡

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-497-7628

明石市魚住町西岡323-1