体をゆるませる幸せホルモン♡「オキシトシン」

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

kidsroom-bot-001

オキシトシンは、最近注目されているホルモンの一つです。

これは、男女ともに分泌されるホルモンで、「愛と絆のホルモン」と言われています♡

もともとは、お産の時に子宮を収縮させるホルモン、また、母乳を分泌させる催乳ホルモンとして認識されていましたが、研究が進むにつれて、人の発育にとって切れ離せないホルモンであり、愛着行動や幸福感にもつながりがあるということがわかってきました。

 

オキシトシンは触れ合うことで分泌されますが、緊張しているとなかなか分泌されません。

信頼関係の中での楽しい時間、例えば、ご家族と過ごす時間、仲良しの友達とお茶を飲んでおしゃべりをしている時間、ペットを撫でている時などに分泌されます。

また、オキシトシンが出ている人に近づくと、自分のオキシトシンも分泌されるなど、周りに影響を与えやすいホルモンでもあるのです。

オキシトシンが分泌されると、人は不安感がなくなり、緊張もほぐれていきます。安心感とこの人を愛おしいと思える感覚が芽生えるそうですよ(*´▽`*)

毎日肩もみをした夫婦とそうでない夫婦だと、毎日肩もみをした夫婦の方が、オキシトシンのレベルが高かったというデータもあります。

体と心が「ゆるむ」方向になって、オキシトシンが分泌された結果、赤ちゃんを授かる機会も増えるのかもしれませんね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1