体重が落ちても凹まないお腹…どうして…( ;∀;)?

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

体重が落ちているのに、体型的な見栄えがよくならない…( ;∀;)

 

もしかして…やわらかすぎるベッドで寝ているのが原因かもしれません!!

 

やわらかすぎるベッドで寝ていると、背骨のS字カーブがなくなり、骨盤がうしろに傾いてしまっている可能性があります。

 

骨盤がうしろに傾くと、背骨全体の骨格のゆがみを生じさせる原因となり、肥満、下半身太り、むくみ、冷え性…など身体にさまざまなトラブルが生じるようになります((+_+))

 

また、下半身と上半身をつなぐ大腰筋(だいようきん)という筋肉がたるみ、おなかがぽっこりしてしまうのです。それだけではありません‥

 

S字カーブが失われると、倒れないように頭でバランスを取ろうとして、頭部が前に出て頸椎のカーブも失われます。

 

この場合、背骨のS字カーブを矯正し、姿勢を良くするだけで、体型が見違えることがあります♡

 

間違ったダイエットで筋肉を落としてしまった場合、筋肉が減った分だけ体重は減りますが、体型としてはさらに格好が悪くなります。

 

ちなみに、“脂肪とセルライト”は別物で、脂肪は燃焼して小さくなりますが、セルライトは脂肪細胞のまわりにつく老廃物の塊なので、一度ついたらなかなか小さくできません‥(+o+)

 

セルライトをためないためには日頃から筋肉をよく動かして、老廃物を押し流すリンパの流れを良くすることが大事です(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1