赤ちゃんも大好き‼ぽかぽか温かい子宮♡

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

不妊治療

赤ちゃんが宿る、命のベッドである子宮。女性にとってのこの特別な臓器、子宮は、ポカポカの状態が大好きです。

ポカポカに温めてあげると、リラックスしたありのままのいい状態で体の中に存在し働くことができるからです。

そんな時、子宮は美しいピンク色になるんだそうです。

外側は弾力性がありツヤツヤ、内側はふかふかでやわらかくなり、女性自身の体と心も最高の状態になります。赤ちゃんを宿す準備が整ったよ~(^^)というサインでもあります。

 

では子宮が冷えているとき、からだはどんな状態なのでしょうか??

私たちの体には、意識をしなくても心や体の機能を調節して、「生きる」ために動いてくれている自律神経がはりめぐらされていますが、ストレスなどで心の緊張状態が続くと自律神経のバランスが崩れ、気・血・水のめぐりが悪くなります。

すると、脳は生命維持を最優先にし、心臓や胃、腸など、生きるために絶対に動かさなければいけない臓器を最優先にして血液などを循環させ、生殖機能(卵巣を含む)は後回しになっていしまいます。実際、戦時中は無月経の女性がとても多かったというデータが残っています。

 

このように、体のめぐりが悪くなると、子宮に血液やリンパ、エネルギーをめぐらす余裕がなくなり、結果、冷えてしまい、妊娠のタイミングがなかなかつまめないようになってしまいます。

 

当院では東洋医学の観点から、不妊治療にも力を入れています。体を、子宮を温めてあげることは

妊娠への第一歩です。どうぞお気軽にご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1