骨盤に優しい座り方を 身につけましょう☆☆

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-013

どんな姿勢ですわっていますか??

骨盤のケアには、座るときの姿勢が大事です。正しい座り方ができていれば、疲れにくく、骨盤のゆがみや、首や肩こりの軽減・予防ができます。

 

ポイントは、椅子の座面に座骨がしっかりとあたっていること。

骨盤が立ち、上半身を支えやすくなるため、肩や首の負担が軽くなります。

 

座面とおしりの間に手を入れて座って、体を前後にゆすってみましょう。

左右の座骨が手の上でバラバラに動いたり、前や後ろにずれる人は骨盤がゆがんでいるので、骨盤を立てる練習をしなければいけません。

まず、正面を向いて立ち、手のひらの盛り上がり部分を腰骨にひっかけて、指先をそろえて床に向ける。手を腰に当てた間々座ると骨盤が立った美しい座り方になります。

 

座面がやわらかいソファーは座骨が安定せず、骨盤を立てた状態を維持しにくいという問題があります。ソファーは座面がやわらかすぎないものにしましょう

また、床に座るときの横座りはやめましょう!正座がベストです。座り姿勢は、長時間続けると姿勢が崩れやすいもの・・・こまめに立ち上がり姿勢をリセットしましょう!

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL  078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1