「体重を減らすこと」と「ダイエット」は違います!!

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-012

こんなお悩みをよくお聞きします・・・

「ダイエットで体重は減ったけど、下半身は痩せないままで・・・」

人間の体重のほとんどは筋肉と骨の重さです。脂肪はウエストなどのサイズには現れますが、それ自体の重さは軽いものです。だから体重がどんどん落ちるということは、筋肉や骨が減っていることになり、健康にはよくありません…。

「体重を減らすこと=ダイエット」というのは体にはリスクがいっぱいです!!

 

ダイエットをして、体重が減った分だけ何が減っているのかというと、脂肪はあまり減らず、骨格を支える支持筋肉や内臓筋肉が減ってしまっているのです。支持筋肉が減ると骨密度も減少し、さらに内臓の下垂を引き起こして下半身太りになっていしまいます。

 

 

ダイエットで大切なのは、「支持筋力をあげ代謝をあげること」

支持筋肉は体温をつくり、栄養を貯蔵します。熱い体ほど排泄力も疲労回復力も高くなります。とうことは、老廃物も排出しやすくなるので、むくみも解消され、下半身太りも改善されます。

骨格を支える支持筋力、例えば腹筋や背筋を鍛えることで、姿勢も美しくなります。そのうえ、支持筋力の燃料は体脂肪なのです!ということは…支持筋力が強く姿勢のいい人は、脂肪が自然に燃焼され、スリムな体形をキープできるのです(^◇^)

産後太りには、骨盤矯正で伸びやかな姿勢が維持できるように骨盤を正しい位置に戻してから、その美しい姿勢をキープできるように支持筋力を鍛えることをおすすめしています。

筋力アップには当院のビューティーマッスルを☆お気軽にご相談くださいね(*^^)v

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1