ちょっと待って!!添い乳のメリット・デメリット(´・ω・`)

明石の産前・産後の骨盤矯正専門、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

ママの授乳をちょっと楽にしてくれる”添い乳”(*´з`)赤ちゃんもママも横になっての授乳なので、身体を休める暇のないママには大きな味方です♡しかし、添い乳はメリットもありますが、デメリットもあります…。

 

メリットとしては、母体を休められること、抱っこしなくても、横になって飲みながら寝てくれること、親子のスキンシップがとれることなどがあります。
産後間も無い時期は、毎日数時間おきの授乳、夜泣きで寝不足、抱っこし続けて腕が腱鞘炎・・・など、様々な理由でお母さんの体も疲労がピークに達しています。そんなときに、添い乳で横になりながら授乳できるとお母さんも大助かりですよね☆
また、温かいお布団の上で大好きなお母さんといっぱいくっついて、赤ちゃんはすごく気持ちいいと思います。また、お母さんも体を横にしながら赤ちゃんと密着できるので、精神的にも落ち着き、幸せなひとときだと思います(*^-^*)

 

しかし、赤ちゃんが小さい間はうまくおっぱいをくわえさせるために、お母さんが不自然な体勢になるため、長時間、長期間にわたって添い乳を続けると、肩や腰、腕に相当な負担がかかって痛める原因になります。産後は骨盤もゆるんでいるため、寝ころびながらの授乳は、骨盤や骨盤周辺の筋肉にも負担をかけてしまいます。

 

ほんの些細なことが骨盤をゆがませ、不快な症状を引き起こす原因にもなりますので、体の状態をみながら無理のない程度に添い乳をするようにしましょう。

 

骨盤や骨盤周辺の痛みでお悩みの方は、一度当院へお越しください。痛みを和らげて、ゆとりのある楽しい育児をしていきましょう(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1