骨盤の歪みから起きる頭痛とは!?

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

骨盤の構成

「骨盤が歪む」というのはつなぎ目になっている筋肉やじん帯がこわばって、骨盤を作っている骨と骨がズレて固まっている状態をいいます。日常生活の中で、同じ方の手でばかりカバンを持っていたり、座っている時にいつも足を組んだり、また立っている時に片方の足にだけ重心をかけるような姿勢をとっていると筋肉やじん帯がこわばり骨盤が歪んだまま固まってしまいます。そうすると、骨盤が歪み、腰の痛みや肩こり、手足のしびれだけでなく、頭痛まで引き起こしてしまうのです。

 

骨盤と頭って離れているのに、本当に頭痛と関係あるの?と思われる方もいるかもしれませんが、人間というのはどこも全てが繋がっています。

特に骨盤は顎関節や頭蓋骨と深い関わりをもつため、頭痛の原因となっていることも少なくないんです。頭痛にもいくつかの種類がありますが、骨盤の歪みが原因となって起こる頭痛は緊張型頭痛と言われています。

症状の多くは、肩や首のコリ、眼精疲労です。無理な姿勢を続けたり長時間のデスクワークなどで、頭から肩にかけての筋肉が疲労して神経を刺激し、それによって頭痛を引き起こすとされています。肩や首のコリがひどくなると頭痛も悪化し、痛みは頭のほぼ全体で起こりますが、特に後頭部から両側にかけて締め付けられるような痛みや頭重感がだらだらと続きます。

 

また、前かがみや猫背になっていると頭部を支えるために首や肩に負担がかかり、更に頭痛を引き起こしやすくなります。これには仙腸関節のズレやねじれが深く関わっているからです。辛い頭痛をなんとかしたいと思われている方、一度骨盤矯正されることをおすすめします(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1