妊娠中の足の付け根や恥骨の痛み。。。原因と対処法は??

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

骨盤の構成

妊娠中のお母さんの体は劇的に変化します。妊娠中期から後期にかけて、足のそけい部あたりや恥骨やお尻の痛みで、通院されている患者様も多くいらっしゃいます。

この足の付け根やそけい部の痛みの原因は、妊娠が進むにつれて骨盤に負担がかかることなど、様々な要因が考えられます。

下半身の痛みの原因として、お腹が大きくなることで皮膚が引っ張られて骨盤や背骨が前傾し、姿勢が悪くなることや、妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンの影響、大きくなったお腹が足腰に負担をかけることなどが考えられます。また、妊娠後期に入ると骨盤が広がりやすくなるため、尾てい骨や恥骨も痛くなることがあります。

妊娠後期になると重たいお腹を支えるため、腰や背中が反ったように歩く姿勢になります。この姿勢も太ももの前側の筋肉が常に伸ばされた状態になるので、そけい部の痛みに繋がります。

 

対処法としては、骨盤に負担をかけないように生活することです。

できるだけ正しい姿勢を心がけ、下半身を冷やさないようにし、軽い運動やお風呂で温まる、マッサージをするなどして血行を良くしましょう。また、骨盤ベルトで骨盤を固定すると痛みが和らぐようです。横になる時は、腰に負担をかけないよう、横向きで軽く曲げた膝にクッションをはさんだり、背中にクッションや枕をあてて楽な姿勢で横になると良いでしょう。

当院ではママとお腹の赤ちゃんに負担をかけない、マタニティ整体をおすすめしています。骨盤を妊娠中からケアすることは、安産に向けて、また産後の戻りを良くするためにも、とても大切なことです。

このような症状でお困りの方、また妊娠中の骨盤が気になられる方、ぜひお気軽にご相談くださいませ(^^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1