(明石)胎教を楽しめるのは妊娠中の今だけです✨(マタニティー整体)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

胎動を感じるようになる妊娠6ヶ月半頃には、赤ちゃんの五感はほとんど完成します✨

こんなに早い時期に五感の能力を獲得するのは、誕生後に過ごす新しい環境に早く馴染むため、という説もあります。

 

つまり赤ちゃんは、「お腹の中にいる時からママやパパの声、その家ならではの生活リズムなどを学習している」、というのです。

 

そんな赤ちゃんをサポートしてあげるのが、「胎教」です。

 

「胎教って何をすればいいの? 」と思うかもしれませんが、特別な方法や技術は必要ありません😊

「パパとママのことをもっとして欲しいな」と思いながら、お腹に話しかけるだけで🙆。

 

教育ではないので、気負わずに、赤ちゃんとのコミニケーションを楽しみましょう✨

話しかけるのが苦手、どう話しかけていいかわからないという時は、「おはよう」「ただいま」といった挨拶からスタートしてみましょう。

 

お腹の赤ちゃんには、外の音が少しくぐもって聞こえるので、大きな声でゆっくりと話しかけましょう。

短時間でも毎日、話しかけてあげるといいでしょう。

 

お腹の赤ちゃんへの話しかけは、パパも是非❗️

パパの声をいっぱい聞かせてあげれば、赤ちゃんもその声を覚えてくれるでしょう。

ただしママの体調の悪い時は寝ている時は避けましょう。

話しかけは、ママがリラックスしている時が1番です。

 

話しかけに慣れてきたら、キックゲームなどで遊ぶなど、いろいろな胎教をパパ、ママ、赤ちゃんの3人で楽しんで、家族の絆を深めましょう✨

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

明石市魚住町西岡323-1