(明石)1番避けたい肌のトラブル、妊娠線💦(マタニティーケア)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

お腹が大きくなると、皮膚の内側の皮下脂肪が増えます。

それによって肌表面の表皮も伸ばされますが、表皮がお腹の急激な成長に追いつけないため、肌表面に裂けたような線ができます。

これが妊娠線です💦

 

 

妊娠線ができる1番の原因は、急激な体重増加による皮下脂肪の急増。

ですから妊娠していない人でもできることがあり、その場合は妊娠線ではなく、皮膚線条といいます。

 

また肌が乾燥することも、妊娠線を作る原因の1つです。

できてしまった妊娠線は完全には消えませんが、さ産後は色がうすくなり、目立たなくなります。

 

妊娠線ができやすいのは、ママのお腹が急激に大きくなる、出産直前の1ヵ月ぐらい。

つわりが終わって食欲が増し、ぐんと体重が増えると中期でも妊娠線ができることがあるので、気をつけましょう❗️

 

クリームやオイルを使った保湿ケアはできるだけ早い時期に始めると効果的。

始めどきはつわりがおさまり、お腹が目立ち始める妊娠20週頃です。

 

妊娠線はお腹以外にもバストやお尻、太ももなどにできます。

目の届きにくいお尻、太もも、お腹の下などもきちんとチェックしてケアをしましょう😊

 

 

🔵保湿マッサージの仕方🔵

 

💛おしり 太もも

太ももからお尻まで、ゆっくりとなであげるようにマッサージ。見えにくい場所なので鏡で見ながら行います。

 

💛バスト

胸の下から首筋のほうに向けて、引き上げるように軽くマッサージします。子宮が収縮しやすい場合は休止して。

 

💛お腹

おへそを中心に時計回りに、手のひらで包み込むように優しくマッサージ。便秘解消にも効果があります。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s