(明石)貧血妊婦にならないために❗️上手に鉄分を取るためにできること😊(マタニティー整体)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

 

非ヘム鉄は、他に何を食べるかによって、体に吸収される率が変化。

 

ヘム鉄は食べ合わせによって吸収率が変わる事はあまりなく、安定して吸収することができます。

 

貧血を予防改善するためにも、できるだけヘム鉄を多く含む食品を毎日の主菜や副菜に取り入れるよう心がけましょう。

 

🔵ヘム鉄=動物性の鉄分

牛赤身肉やレバー、カツオなどの赤身の魚、アサリや赤貝などの貝類に多く含まれています。

ただしレバーはビタミンAが多く、妊娠初期に過剰にとると体に蓄積して、お腹の赤ちゃんに影響することがありますので、毎日食べる必要はありません。

 

🔵非ヘム鉄=穀類、野菜の鉄分

豆腐、納豆、油揚げ、きなこなど大豆製品や豆類、穀類、小松菜、ほうれん草、キクラゲ、大根の根など。

 

ヘム鉄の原子が人間の体に吸収されやすい形をしているのに比べて、非ヘム鉄の原子は吸収されにくい形をしています。

 

それでも、普通は胃液が吸収しやすく分解してくれるのですが、妊娠中は胃が機能低下を起こしやすいので、工夫が必要です👆

 

鉄分は吸収率をより高めてくれるビタミンCを含む食品と一緒に食べると良いでしょう🍋

 

例えばブロッコリー赤ピーマンなどの野菜を料理に入れたり、デザートとして果物を食べるのも良いでしょう😊

朝食や間食にフルーツジュースを添えるだけでもOK🍌

 

造血作用のある葉酸が豊富なアスパラガスやモロヘイヤ、パセリなどを肉や魚と組み合わせて食べるのもオススメです😊

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s