(明石)35歳を過ぎたら食べて「サビ取り」しよう✨(産後ケア)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

35歳以上の方に特に意識していただきたいポイントは、それは『体のサビを取ること』です。

 

人間の体は生きていればいるほど、酸化が進んでいきます。

酸化はサビることと同じです。

 

それは卵子も例外ではありません。

卵子は、その女性がお母さんのお腹にいる時に既に作られています。

そのため、年齢が経過してから排卵する卵子は、その分長く酸化ストレスにさらされることになります。

 

これから排卵する卵子をそれから守ってあげるためには、抗酸化が欠かせません❗️

これにも栄養が効果を発揮します😊

 

体の中でサビとり効果を発揮してくれる栄養には、ビタミンC、E、aーリポ酸などがあります。

これらは妊娠体質を作る効果もありますから積極的にとっていきましょう。

 

もう一つ、サビをとってくれる栄養として重要なのがコエンザイムQ10。

一時期アンチエイジングに良いと話題になりましたが、その役割は抗酸化物質であるビタミンEのサビをとってくれることです。

 

ビタミンE自体にはサビとり効果がありますが、コエンザイムQ10とセットで取ることで、よりこのパワーを強めることができるというわけです😄

 

コエンザイムQ10は、牛肉や豚肉、レバー、モツ、イワシ、マグロ、ブロッコリー、ほうれん草、くるみ、アーモンド、牛乳やチーズに含まれていますが、それほど量は多くありません。

 

今は色々なサプリメントがありますので、それを使って補う方が効率がいいと思います。

 

一方で、酸化を招く食習慣や生活習慣は、なるべく遠ざける必要があります。

いくら頑張ってサビをとっても後から後からサビが出てくれば意味がありません💦

 

酸化を招くものには、ストレスや激しい運動といった生活習慣のほか、タバコ、アルコール、糖分などの嗜好品がありますので、避けるようにしましょう❗️

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s