(明石)おなかの赤ちゃんにたくさん語り掛けましょう♡(マタニティ整体)

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

おなかの赤ちゃんに語りかけることは、赤ちゃんの成長促進や母性の育成など、さまざまなプラス効果をもたらします(^-^)妊娠中のママは毎日の語りかけを習慣化して、マタニティライフを楽しみましょう♬

 

👶語りかけの効果👶

 

❶脳の発達を促す

 

人間の脳は胎児期にほぼ完成しています。脳への信号を伝える回路の形成も胎児期に作られますが、このとき語りかけをして刺激を与えると、脳の発達促進に役立ちます。

まさに、この時期に脳は作られているんですね~(*´ω`*)

 

❷母子間の絆が深まる

 

幼児期は赤ちゃんとお母さんがダイレクトにつながっているため、大きな絆が形成されます。おなかの赤ちゃんとの2週間の話しかけは生まれてからの10年分のコミュニケーションに相当するといわれています。

 

❸やさしい性格をつくる

 

語りかけを実践したママからは「子どもの性格が優しい」「人にかわいがられる」といった声が多く聞かれます。胎児期から母子間の絆がしっかりできているため、子育てのストレスが少なくなるようです。

 

ママが感じたり、聞いたりしていることは、おなかの赤ちゃんにも同じように伝わっています。実際に、胎内の記憶をもって生まれてくる子もいるようですよ(^_-)-☆妊娠中のママ、お腹の赤ちゃんにたくさん語りかけてあげてくださいね(*´ω`*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s