(明石)妊娠ビタミンは女性の味方✨(産後矯正)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

アンチエイジング効果があるとしてよく知られているビタミンEは、そのものズバリ「妊娠ビタミン」と言われています。

 

その効果は、妊娠体質を作るだけにとどまりません。

 

妊娠中そして出産後も、お母さんと赤ちゃんをサポートしてくれる働きがあるのです😊

 

そもそもビタミンEは不妊に作用があるとして1922年に発見されました。

脱脂粉乳で育てていたラットが不妊になってしまうことがわかり、その原因を付き止めるべく、様々なものをラットに食べさせて、妊娠するかどうかを調べました。

その過程で発見されたのが、「ビタミンE」というわけです。

 

まず妊娠体質を作る作用として排卵の促進、卵巣重量の増加、ホルモン調節などが挙げられます。

月経周期を正常にする働きもあるので、生理がこない、無排卵といった月経異常の方の治療にも使われています。

 

ビタミンEには血流を良くする効果もありますので、妊娠時には、胎盤の血流を促進してくれます。

そのため、赤ちゃんに十分酸素3や栄養が届くようになります。

 

また、出産時には、赤ちゃんが参道を通る間の酸欠を予防する働きがあります。

 

ホルモン調節作用と乳腺の血流促進作用で、お湯の出を良くする効果も期待できます。母乳の出を良くしたいと言う方におすすめです。

このように妊娠前から授乳中まで、お母さんと赤ちゃんの強い味方になってくれる栄養素なのです。

 

もう一つ見逃せないのが、ビタミンEの抗酸化作用です。

 

酸化=体のサビである事はご承知のこと、

そして長く生きれば生きていればいるほど、酸化が進んでいきます。

このサビが脳や血管、内臓にどんどん溜まっていくこと=老化というわけです。

 

サビが溜まるのは、脳や血管だけではありません。

卵子にもサビが溜まっていくのです。

その時卵子のサビをとってくれるのがビタミンE。

 

卵子のアンチエイジングのためにも、35歳を過ぎた方には特にオススメしたい栄養です😊

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s