(明石)妊娠中の骨盤の変化について😊👐(マタニティ整体)

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

♡妊娠中の骨盤の特徴

 

まず妊娠中の骨盤の特徴ですが、妊娠中の骨盤は出産に備えて関節を緩めるために「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます😊妊娠中期から徐々に開いていくのですが、ただ開くのではなく、開いたり閉じたりを繰り返しながら開いていきます。

 

しかも、前後・左右・回旋といろんな方向に動いてしまうのです。

キレイに開いてくれればいいのですが、日常生活の癖、寝方、歩き方などによって、左右バラバラに開いてしまうことがあります。

 

妊娠中の骨盤と筋肉との関係

 

骨盤は元々体重を支えるのが仕事ですから、その骨盤がゆるんでしまうと、まわりの筋肉で支えるしかありません💦そうして、腰やお尻、ももの筋肉が硬くなると今度はその硬くなった筋肉が骨盤を悪い方向へ引っ張ります。

 

ゆるんだ骨盤は引っ張る力に弱いですから、ゆがみが生じます。妊娠中に腰が痛くなったり、歩けなくなったりする方がいるのはこうした事が原因です(>_<)

 

妊娠中の骨盤と重心の変化

 

妊娠後期には赤ちゃんが大きくなり、おなかが前に出ることで腰のS字カーブが強くなります。そうなると体重の前後のバランスが崩れやすいので、腰痛だけでなく、転倒などに気をつける時期になります。階段の上り下りや、トイレから立ち上がり、お風呂から上がるときなどは特に注意が必要です⚠

 

これはお腹が大きくなることによって、骨盤と腰骨の前後のバランスが崩れることと」「②腹筋群が圧迫されて力が入りにくくなること」で起こります。

 

このように妊娠中の骨盤は単純に開くだけではなく、様々な方向に引っ張られたり圧迫されて起こるのです。それと同時に、変化するのは『骨盤だけではなくその周りにある筋肉や腰骨も大きな変化をしている』ということも覚えておくと役に立つかもしれませんね(*^_^*)

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s