(明石市)集中ケアコスメは、生理直後に使う方が効果あり✨(美容鍼)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

女性ホルモンと呼ばれるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つ。

 

卵胞ホルモンの主な働きは、子宮・卵巣・膣・乳房などの発育促進です。

排卵直前に多量に分泌されて、排卵の引き金になる作用もあります。

 

黄体ホルモンの主な働きは、受精卵を着床させる準備や、妊娠を継続させることです。

子宮壁の筋肉活動を抑え、流産や早産を防ぐこともします。

 

この2種類のホルモンの作用で、私たちの肌は1ヵ月の間に劇的な変化を遂げます✨

 

最も肌の調子が良いのは、排卵を挟んだ前後5日間位です。

これは、排卵期= 受精期でもあり、メスがオスを誘うため、きれいにならなければいけない、本能のプロ蔵みんぐなのかもしれません😍

 

だから、生理が明けてから10日間位の間に、集中トリートメントなどのコスメを使うと、最高に効きが良くなります✨

 

また、排卵までの間に集中ケアするすることで、不調になりがちな排卵から次の生理までの間も、予備力で美しさを保っていられるというから、このチャンスを流さないで‼️

 

でも自分がいつ排卵しているか、わからない人もいるはずです…。

生理の開始日から排卵までで、13〜14日間(生理後6から7日目)の人が多いですが10日〜20日の人もいてばらつきがあるので、生理開始日から2週間前の日に私を毎月チェックしてみましょう。

 

黄体ホルモンの寿命は、誰でも2週間と決まっているので、平均的な排卵日の予測が可能になるはずですよ😊

 

 

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s