(明石市)たった1、 2分日光を浴びただけでも肌はくすみます💦(美容鍼)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

1998年、長年にわたり赤ちゃんの健康促進のために勧められてきた日光浴の項目が母子健康手帳から消えました。

 

それは紫外線を浴びると遺伝子(DNA)に傷がついてしまうからです💦

 

生きた細胞は遺伝子と呼ばれるプログラムに沿って、細胞に必要なタンパク質を作っています。

 

その遺伝子に傷が付くという事は、プログラムが狂ってしまうということです。

 

遺伝子の傷は、普通なら2日間位で治って元のプログラムに戻りますが、傷が治らないまま、間違ったプログラムに変わることもあります。

 

この突然変異が皮膚がんにつながるというから、本当に日焼けをあなどらないでください💦💦

 

でも、遺伝子を傷つけるのは、肌が赤くなるほど日焼けしまった時時なのでは❓と皆さん思うかもしれません…。

 

どのくらいの紫外線を浴びれば肌が赤くなるかは、人それぞれですが、赤くなる紫外線量のたった10分の1でも遺伝子に傷はつきます。

 

さらに日光を浴びて1〜2分すると、即時黒化という現象が起こり、肌がくすんできます。

 

これはもともと表皮の中にあったメラニン色素が酸化して濃くなったものです。

 

瞬時に黒くなることで、紫外線を防御する生体反応なんです。

 

また、2分間紫外線を浴びただけでも、真皮のコラーゲンを小さく切る酵素(コラゲナーゼ)が作られてしまいます。

 

家の中にいたってガラス越しに紫外線は入ってくるし、曇りや雨の日だって紫外線は注いでいます。

本気で肌に透明感が欲しいなら、家の中でもUVカットする気合が必要ですね😳

 

 

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s