産褥期の赤ちゃんのお世話の仕方で体の負担は変わります👶🍼

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、眺めているだけで幸せな気分でいっぱいになりますよね😍

 

しかし、まだやわらかくてふにゃふにゃで、表情もまだあまりない宇宙人のような赤ちゃん。

 

そんな赤ちゃんの、着替え、オムツ替え、授乳など、慣れないことがひたすら続きます。

 

すると、気づかないうちに、体は慢性的な緊張状態に陥ってしまいます💦

 

緊張したまま間違った姿勢で過ごすと、ひどい肩こりや腰痛などに悩まされることになります😲

 

そこで、肩こりや腰痛を予防するためにも、一つ一つの動作を行うときに自分の姿勢、筋肉がどのようになっているかを意識して行いましょう👌

 

赤ちゃんが小さいうちから、オムツ替えや授乳を正しい姿勢で行っていけば、赤ちゃんの成長とともに、必要な筋肉を鍛えていくことができますよ❤️

 

 

おむつ替えの姿勢

⭕️背中をまっすぐにしたまま、股関節から上半身を前に倒す。

❌骨盤が後ろに倒れ猫背のままオムツ替えをすると、肩に無駄な力が。

 

授乳の姿勢

⭕️太ももの上にクッションやバスタオルを重ねたものに赤ちゃんをのせる。骨盤を起こし背中をまっすぐにしたまま授乳できるように。

❌ひざにのせた赤ちゃんの高さに自分の胸を合わせようととすると猫背になる。すると肩に無駄な力が入り、骨格も歪む。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s