クマのタイプを見分けて適切なケアを🙆

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

お顔のクマのケアというと、ホットタオルで温めたり、目元をマッサージしたり、という方法がよく知られています。

しかし、クマと呼ばれるものは実際いくつか種類があり、ケア方法も違ってきます💆

大まかに言うと、クマは「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」の3種類に分けることができます。

 

青グマは、寝不足や冷えなどで血流が滞り、下まぶたの静脈が青黒く透けて見えるためにできるクマ。

黒グマは、下まぶたの皮膚が老化によってたるみ、影を作ることで黒っぽく見えるもの。

茶グマは、目をこするなどの刺激で色素沈着を起こし、さらに角質肥厚を起こして、茶色っぽくみえるもの。

あなたのクマはどのタイプ❓簡単チェック法

👀青グマ

指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが、完全には消えません💧メイクで隠れます。

→ケア方法は運動やツボ押し、マッサージで血行を良くする。一時的にはホットタオルの効果あり✨

 

👀黒グマ

影なので、上をむいたり、指で皮膚を引っ張ると薄くなります。メイクで隠れません💧

→ケア方法は肌のコラーゲンを増やし、たるみを防ぐケアが有効✨

 

👀茶グマ

色素沈着なので、皮膚を引っ張っても薄くなりません💧メイクで隠れます。

→ケア方法は美白ケアでメラニンを減らす。ピーリングで肌の代謝を上げるのも効果的✨

 

自分のクマがどのタイプなのかをチェックし、それぞれに合った対策を取り入れてみてくださいね❤️

 

🍀2月1日より診察時間変更のお知らせ🍀

平日 9:00~12:30 16:00~20:00

土曜日 8:30~13:00

託児ルーム  平日 9:30~12:30 {完全予約制🚼}

♦予約優先制に変わります

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s