肌に老化をもたらす⁉️血行不良💦

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

肌を健やかに育むためには、酸素や栄養素が必要です💆

それらを肌の細胞に届けているのは、肌の内側に網目のように張り巡らされた血管です。心臓から送り出される血液を運ぶ血管は、末端に行くにつれ次第に細くなり、最終的に細い毛細血管になります。

その細さはなんと直径約0.01ミリ。髪の毛の5分の1ほどしかないのです。しかしこの毛細血管が極めて重要な役割を果たしています。

その役割の1つは、肌の細胞の隅々まで酸素と栄養を送ること。そしてもう一つは不要になった二酸化炭素と老廃物を回収することです。

この代謝がスムーズ行われることで、健康な肌が維持されています。ところが加齢ともに血行は悪くなります。すると、肌の細胞に酸素や栄養が行き届きにくくなり、老廃物が溜まってしまいます。その結果、肌老化が進み、くすみや乾燥が起こりやすくなります。

老化とともに血管が硬くもろくなると、血行が悪くなります。これは血管もコラーゲンなどのタンパク質でできており、それが弾力を失うため。また加齢で筋力が減ることも血行不良の原因になります。筋肉が動いて収縮するときに血液がめぐるからです。

血行が悪くなると、さらに十分な酸素と栄養が届きにくくなります。そのため、ターンオーバーが阻害され、またコラーゲンが作られる量も減り、結果として肌老化が加速されます。

血行不良起こす原因として加齢のほかに、喫煙、生活の不規則、体の冷えなどがあります💦

これらに気をつけ血行を維持することが、肌にも体にも大切ですね❤️

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s