骨盤がグラグラ…💦骨盤と脚の骨をつなぐ筋肉を意識して☝

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

img_0280

出産後は、骨盤に脚のつけ根がうまくはまっていないような、うまく歩けないような、グラグラした不安定さに気づくと思います。会陰の傷が軽い人は、股の痛みよりも、その不安定さが気になるはずです。

 

出産時、骨盤は産道を確保するために大幅に開きます。そのときに骨盤と脚の骨(大腿骨)をつなぐ靭帯もやわらかくなっているため、脚のつけ根は不安定でグラグラしているんです。

 

そのまま放っておくと、骨盤が開きっぱなしのまま靭帯がかたくなり、その骨格が定着してしまうので、「早い時期から自分で意識して、あるべき形に戻す」必要があります。

 

靭帯はやわらかくなっていますが、だからといってかたくなるまで待つ必要はありません。

あくまでも靭帯は骨と骨とをつなぎとめるための組織です。

 

骨格を支えるのは、靭帯ではなく「筋肉」です!!骨盤と脚をつないで支える筋肉(大殿筋)のあり方を理解し、骨盤を本来あるべき姿に戻してから、筋肉の力を正しい方向に発揮していけば大丈夫です(*^-^*)

 

出産後、骨盤が開きっぱなしになっていませんか!?

ゆがんだ骨盤を整えるためにも産後の骨盤矯正はとても大事です♡

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s